澤井信一郎(読み)さわい しんいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澤井信一郎 さわい-しんいちろう

1938- 昭和後期-平成時代の映画監督。
昭和13年8月16日生まれ。36年東映に入社,56年松田聖子主演「野菊の墓」で監督デビュー。59年薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」で毎日映画コンクール大賞。のち「早春物語」などの青春映画を手がける。平成元年フリーとなり,「福沢諭吉」「わが愛の譜(うた)/滝廉太郎物語」などを発表。静岡県出身。東京外大卒。本名は信治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android