コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝廉太郎 たきれんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝廉太郎
たきれんたろう

[生]1879.8.24. 東京
[没]1903.6.29. 大分
明治の作曲家。洋楽輸入以後の日本最初の本格的な作曲家。 1898年東京高等師範学校付属音楽学校 (現東京芸術大学音楽学部) 卒業。 1901年ドイツに留学したが,発病して翌年帰国。 1900年頃作曲した組歌四季』 (有名な『』を含む) は,洋楽のスタイルによる日本最初の芸術作品で,その後も歌曲荒磯』,ピアノ曲『メヌエット』『憾 (うらみ) 』を作曲。中学唱歌の『荒城の月』 (無伴奏) などを作り,また言文一致唱歌運動に協力して『鳩ぽっぽ』『お正月』など今日も歌われている唱歌を作曲した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

滝廉太郎

東京生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)に学び、21歳でドイツ留学。少年時代に父の転勤で移り住んだ大分県竹田市岡城跡をイメージしたと言われる「荒城の月」をはじめ、♪春のうららの隅田川……で知られる「花」や「お正月」など、歌い継がれる多くの歌を作曲した。

(2014-02-03 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たき‐れんたろう〔‐レンタラウ〕【滝廉太郎】

[1879~1903]作曲家。東京の生まれ。ドイツに留学。日本の洋楽揺籃(ようらん)期にすぐれた才能を示した。代表作荒城の月」「箱根八里」「鳩ぽっぽ」、ほかに歌曲「四季」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

滝廉太郎【たきれんたろう】

作曲家。東京生れ。東京音楽学校専修部卒。母校のピアノ教授嘱託を経て,1901年ライプチヒ王立音楽院に留学。肺結核のため翌1902年帰国。父の郷里大分県竹田に帰り,24歳で世を去った。
→関連項目竹田[市]土井晩翠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝廉太郎 たき-れんたろう

1879-1903 明治時代の作曲家。
明治12年8月24日生まれ。ピアノを幸田延に,作曲をケーベルにまなび,東京音楽学校(現東京芸大)研究科卒業後母校の教師となる。歌曲集「四季」(「花」をふくむ),中学唱歌「荒城の月」「箱根八里」などを作曲。明治34年ドイツに留学したが,結核にかかり帰国。明治36年6月29日死去。25歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

滝廉太郎

没年:明治36.6.29(1903)
生年:明治12.8.24(1879)
明治の作曲家。「荒城の月」「花」で知られている。吉弘,正子の長男として東京で生まれ,父の転勤にともない横浜,富山,東京,大分へと移り住む。竹田で高等小学校を卒業,上京して明治27(1894)年,東京音楽学校(東京芸大音楽学部)に入学する。同31年,卒業後研究科に入学,翌年から同校嘱託となり後進の指導に当たる。同34年,文部省留学生第1号としてドイツに渡り,ライプチヒ音楽院(フェリックス・メンデルスゾーン音楽院)に入学した。しかし風邪がもとで胸を病み,すぐに大学病院(カール・マルクス大学病院)に入院,3年間ドイツに滞在する予定だったが,渡独後1年3カ月で帰国のやむなきに至る。帰国後大分で静養したが,遂に満23歳10カ月の若さで死去する。大分市金池町万寿寺に葬られている。 作品には日本最初のピアノ曲「メヌエット」,「憾」(絶筆),そしてまた,日本でこれまで芸術的な歌曲といえばみな西欧の旋律に日本語の歌詞をあてはめていた時代,廉太郎が大きな抱負をもって世に送った「四季」(花,納涼,月,雪)の四部作(納涼を除いては合唱曲)がある。「月」は「秋の月」と題してのちに山田耕筰により独唱曲にもなっている。東京音楽学校編『中学唱歌』には男子中学生にあてる目的の38曲が収められているが,編纂の際,廉太郎は「荒城の月」「豊太閤」「箱根八里」を応募,3曲とも採用された。原曲「荒城の月」第2小節の嬰ホ音はホ音に,8分音符も4分音符にテンポも緩やかに歌われるようになった。山田耕筰の編曲によるものであろう。作詞者東くめ,鈴木毅一と企画・作曲・編纂した『幼稚園唱歌』(「お正月」「雪やこんこん」「鳩ぽっぽ」など20曲)は,はじめて幼児にわかりやすい口語体で書かれた唱歌集で,簡単な伴奏までつけられている。他に混声四部合唱曲「別れの歌」,独唱曲「荒磯」など優れた作品もある。廉太郎の作風はドイツロマン派音楽の影響を受けているとみられ,ロマン派音楽が西洋音楽的伝統や思潮の浅い日本において正統的に受け入れられ,他の追随を許さない独自の境地を開いたことは驚異である。当時,日本で西洋音楽の近代歌曲を本質的に創作し得たのは廉太郎であり,日本歌曲のひとつの道標である。<参考文献>小長久子『滝廉太郎』

(小長久子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たきれんたろう【滝廉太郎】

1879‐1903(明治12‐36)
作曲家。8月24日東京市芝区南佐久間町に生まれる。父の転勤により神奈川,富山,東京,大分を転々としつつ多感な少年期を過ごす。1894年9月東京音楽学校に入学し,小山作之助,幸田延らに師事。研究科をへて同校嘱託となり後輩の指導にあたる。彼はテノールの美声に恵まれ,ピアノ演奏にすぐれ,クラリネット奏法も心得ていた。1901年4月ドイツ留学の途に就き,ライプチヒ音楽院に入学したが,胸の病を得て翌年8月帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たきれんたろう【滝廉太郎】

1879~1903) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。ライプチヒ王立音楽院に留学したが病気で帰国。静養中の大分で夭折した。二重唱「花」を含む歌曲集「四季」のほか、「荒城の月」「箱根山」「雀」「鳩ぽっぽ」などの作品がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝廉太郎
たきれんたろう
(1879―1903)

作曲家。東京生まれ。高等師範付属音楽学校(後の東京音楽学校)在学中からピアノと作曲の才能を示し、研究科卒業と同時に母校の教師となり2年間勤務。この時期に、ピアノ曲『メヌエット』、組歌『四季』、中学唱歌『箱根八里』『荒城の月』、幼稚園唱歌『鳩(はと)ぽっぽ』『お正月』などの今日よく知られる作品を書いた。1901年(明治34)ドイツに留学し、ライプツィヒ音楽院で和声法や対位法など本格的な作曲技法を学んだ。しかし病気のため02年帰国し、翌明治36年郷里の大分で23歳の若さで亡くなった。彼は明治の洋楽揺籃(ようらん)期において、初めての本格的作曲家として近代西洋の作曲技法を用い、その後の山田耕筰(こうさく)以後の日本の歌曲の創作に大きな影響を与えた。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

滝廉太郎の関連キーワード滝 廉太郎:憾(うらみ)/piano solo土井晩翠(どいばんすい)ユンケル アウグスト大分県竹田市竹田大分県大分市発車メロディ島崎 赤太郎風間トオル滝 廉太郎船橋 栄吉沢井信一郎澤井信一郎窪田弘和明治時代佐藤 勝三浦 環外島孝一武島羽衣東 くめ遠藤 宏

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滝廉太郎の関連情報