澶淵の盟約(読み)せんえんのめいやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

澶淵の盟約
せんえんのめいやく

中国,の景徳1=の統和22(1004)年,遼と宋の 2国間で締結された講和条約。遼の聖宗は旧領土の易州,瀛州(えいしゅう),莫州(ばくしゅう)3州の奪還を企てて南進,易州を回復し黄河畔に達したが,宋の真宗が黄河を渡って澶州北城へ親征した強硬態度をみて,宋の和議案を認め,(1) 現国境を認め,瀛州,莫州を放棄する,(2) 宋から毎年銀 10万両,絹 20万匹を得る,(3) 宋を兄,遼を弟とする兄弟の礼をとる,(4) 互いに越境者,捕虜を隠さない,(5) 国境の貿易場で自由貿易を行なうなどの 5条約を締結。この澶淵の盟約により,遼は繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android