コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

激流成斜交層理 げきりゅうせいしゃこうそうりtorrential cross-bedding

1件 の用語解説(激流成斜交層理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

激流成斜交層理

斜交層理(cross-lamination)で,前面層(foreset)が直線で囲まれたもの.このセットの下部には大きな粒度のものが含まれている.激流(torrential deposits)によると解釈されている[Hobbs : 1906, Shrock : 1948].激流によって砂粒または礫が押し流されて生じた河成層中に見られる特殊な偽層[渡辺編 : 1935].複合斜交層理(compound oblique-bedding)[Grabau : 1913].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

激流成斜交層理の関連キーワード斜交成層国際赤十字偽層斜交層理杉綾状斜交層理セット板状斜交成層複合斜交層理フュリアス斜交葉理溝状斜交成層

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone