コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃化油 のうかゆpolymerized oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃化油
のうかゆ
polymerized oil

重合油ともいう。乾性油 (亜麻仁油,きり油) ,半乾性油 (大豆油菜種油綿実油) を 300℃前後に加熱,重合させて粘りのある比重の高いものにした油。重合のために硫黄,濃硫酸,無水塩化亜鉛,無水塩化アルミニウムを加える。エナメル印刷インキ潤滑油に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の濃化油の言及

【スタンド油】より

…乾燥性はボイル油に劣るが,乾燥すると光沢および弾力性のある平滑な塗面を与える。石版ワニス,印刷ワニス,焼きワニス,濃化油などとも呼ばれる。【内田 安三】。…

※「濃化油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

濃化油の関連キーワード重合油

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android