濃尾用水(読み)のうびようすい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濃尾用水
のうびようすい

濃尾平野の農業用水。用水事業の着工は1957年(昭和32)、完成は1975年、受益農地面積約1万9000ヘクタール(岐阜県羽島(はじま)用水分1700ヘクタールを含む)という大事業であった。木曽(きそ)川の河床低下による取水困難と限りある水資源を有効に利用するための事業で、犬山城下に木津(こつ)、宮田、羽島三用水の合口(ごうぐち)ダムをつくり、用水路は用排水分離、パイプライン方式によって、農業用水利用の効率化を図った。木曽川左岸の尾張(おわり)平野の農業開発は17世紀初期、宮田用水(1608)、般若(はんにゃ)用水(同)、木津用水(1648)によって進展した。しかし近代になって、取水口が別々なうえに河床低下による取水困難が起きて合口ダムが必要となり、他方都市化の進行で水質汚濁が激しくなったため、用水事業が始められた。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の濃尾用水の言及

【木曾川】より

…最近になってこれら用水の取水が,犬山から下流の河床低下により困難になってきた。これを改善するために発足したのが濃尾用水事業で,その一環として1962年には宮田,木津および岐阜県側の羽島用水を同時に取水する犬山頭首工が犬山城のある丘のすぐ下に完成した。これとは別に濃尾平野東部の丘陵地および知多半島の乏水地を灌漑する愛知用水が木曾川の兼山地点から取水されている。…

※「濃尾用水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android