コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃度差発電 のうどさはつでんconcentration difference power

1件 の用語解説(濃度差発電の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃度差発電
のうどさはつでん
concentration difference power

浸透圧,濃淡電位差,蒸気圧力差などによって,濃度の高い溶液が濃度の低い溶液に拡散しようとする力を利用して発電を行おうというもの。たとえば海水と河川水との間の塩水濃度差は,河川水を上流に 240m押上げるほどのエネルギーを発生させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone