コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃度差発電 のうどさはつでんconcentration difference power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃度差発電
のうどさはつでん
concentration difference power

浸透圧,濃淡電位差,蒸気圧力差などによって,濃度の高い溶液が濃度の低い溶液に拡散しようとする力を利用して発電を行おうというもの。たとえば海水と河川水との間の塩水濃度差は,河川水を上流に 240m押上げるほどのエネルギーを発生させる。半透膜毛細管利用昇圧発電も同じ原理で,毛細管の内部にポンプで圧力を加えて海水を注入し,周囲から河川水を浸透させると,その水量増加分をタービンの回転に換えることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報