コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬尾昌琢 せお しょうたく

2件 の用語解説(瀬尾昌琢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬尾昌琢 せお-しょうたく

1645-1718 江戸時代前期-中期の医師。
正保(しょうほ)2年生まれ。長崎出島のオランダ商館医に外科術をまなぶ。寛文7年アーノルド=ディルクセンから修業証書として伝授書「阿蘭陀(オランダ)流十八方膏薬」をあたえられた。貞享(じょうきょう)元年(1684)幕府奥医師となる。享保(きょうほう)3年6月29日死去。74歳。京都出身。名は淳範。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

瀬尾昌琢

没年:享保3.6.29(1718.7.26)
生年:正保2(1645)
江戸前期の紅毛流外科医。諱は淳範。京都生まれ。寛文7(1667)年長崎出島のオランダ商館医アーノルド・ディルクセンから医学修業証書(京大図書館所蔵)を授けられている。これには阿蘭陀通詞西吉兵衛,名村八左衛門,本木庄太夫(良意)ら7人の署名捺印と検使役人の署名,花押があり,蘭医と日本人医師との接触,医術伝授の物々しさと薬法,医術の秘伝化が行われていたことがうかがわれる。この体験は『外科心鏡集』(1667)にまとめられた。のち江戸に出て幕府の奥医師となり,月俸30口を賜る。最新の西洋医学の学習で出世した医師。<参考文献>古賀十二郎『西洋医術伝来史』

(蒲原宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬尾昌琢の関連キーワード日解昭海紹蘇宮崎柳仙嵐山甫安楢林鎮山西玄甫外科医紅毛杉本忠恵吉田自休

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone