コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川菊之丞(5代) せがわ きくのじょう

1件 の用語解説(瀬川菊之丞(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川菊之丞(5代) せがわ-きくのじょう

1802-1832 江戸時代後期の歌舞伎役者。
享和2年生まれ。瀬川路三郎(嵐璃光(あらし-りこう))の子。文化3年瀬川多門を名のり初舞台,12年江戸河原崎座で5代を襲名。大名題,立女方となった。天保(てんぽう)3年1月7日死去。31歳。江戸出身。俳名は路仙,芬路(ふんろ)。通称は多門路考。屋号は浜村屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬川菊之丞(5代)の関連キーワードグエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行労働基準法光の科学史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone