コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灕江 りこう Lí jiāng

1件 の用語解説(灕江の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りこう【灕江 Lí jiāng】

灕水ともいい,中国広西チワン(壮)族自治区の北東部を流れる。源流の大溶江は興安県境にある苗児山に源を発し,南西に流れ陽朔に至り,それより下流は桂江と呼ばれる。興安県において湘江の上流の海洋河と秦代に掘られた霊渠(れいきよ)(湘桂運河)で結ばれていて,古来より中原と嶺南を結ぶ要路としてしばしば利用された。水は清く澄み,桂林,陽朔の一帯では両岸にカルスト地形の奇峰が連なり,〈桂林の山水は天下第一であり,陽朔の山水は桂林第一である〉といわれ,多数の川下りの観光客が世界中から訪れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

灕江の関連キーワード貴陽桂林端渓南寧南嶺山脈柳州彝族広西チワン族広西チワン族自治区

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone