コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焔土器 かえんどき

1件 の用語解説(火焔土器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火焔土器
かえんどき

縄文時代中期の土器様式で,新潟県信濃川流域を中心に短期間行われた。馬高式とも呼ばれる。口縁部の4つの大型突起と鋸歯状の装飾が火炎を連想させることから名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火焔土器の関連キーワード井戸尻遺跡群円筒土器隆起線文土器縄文のビーナス新潟県中魚沼郡津南町赤沢新潟県長岡市関原町新潟県佐渡市真野新町馬高遺跡土器様式一の沢洞窟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火焔土器の関連情報