コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焔土器 かえんどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火焔土器
かえんどき

縄文時代中期の土器様式で,新潟県信濃川流域を中心に短期間行われた。馬高式とも呼ばれる。口縁部の4つの大型突起と鋸歯状の装飾が火炎を連想させることから名づけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火焔土器の関連情報