コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火焔土器 かえんどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火焔土器
かえんどき

縄文時代中期の土器様式で,新潟県信濃川流域を中心に短期間行われた。馬高式とも呼ばれる。口縁部の4つの大型突起と鋸歯状の装飾が火炎を連想させることから名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

火焔土器の関連キーワード津南町農と縄文の体験実習館なじょもん津南町歴史民俗資料館馬高十日町市博物館中村孝三郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android