火焔型土器(読み)カエンガタドキ

デジタル大辞泉「火焔型土器」の解説

かえんがた‐どき〔クワエンがた‐〕【火×焔型土器】

縄文時代中期の土器の一種。多くが深鉢。口縁部に付く鶏冠状の把手や鋸歯状突起が、火炎のようにも見えることによる称。表面には縄文でなく、隆線りゅうせん文と沈線ちんせん文が施されている。信濃川流域の流域で多く発見され、新潟県十日町市の笹山遺跡で出土した土器群が特に有名。→新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android