コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白柳秀湖 しらやなぎしゅうこ

7件 の用語解説(白柳秀湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白柳秀湖
しらやなぎしゅうこ

[生]1884.1. 静岡
[没]1950.11.9. 東京
歴史家,評論家。早稲田大学哲学科卒業。幸徳秋水から社会主義思想の影響を受け,平民社に入って社会主義文学活動を行い,唯物史観 (→史的唯物論 ) に立った『現代財閥罪悪史』などの業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらやなぎ‐しゅうこ〔‐シウコ〕【白柳秀湖】

[1884~1950]評論家・小説家。静岡の生まれ。本名、武司。堺利彦・幸徳秋水らの影響を受けて平民社に参加したが、のち転向。小説「駅夫日記」、評論「鉄火石火」「財界太平記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白柳秀湖【しらやなぎしゅうこ】

評論家,歴史家。本名武司(たけし)。静岡県生れ。早大哲学科卒。幸徳秋水らの影響で社会主義に近づく。1905年プロレタリア文学運動の先駆ともいわれる〈火鞭(かべん)会〉を結成し,中里介山山口孤剣らと《火鞭》を創刊。
→関連項目直言

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白柳秀湖 しらやなぎ-しゅうこ

1884-1950 明治-昭和時代の小説家。
明治17年1月7日生まれ。社会主義運動に共感し,明治38年中里介山らと火鞭(かべん)会を結成。40年「駅夫日記」を発表。大逆事件後は在野史家として史論や大衆文学を発表した。昭和25年11月9日死去。66歳。静岡県出身。早大卒。本名は武司。筆名はほかに哲羊生。著作に「財界太平記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しらやなぎしゅうこ【白柳秀湖】

1884‐1950(明治17‐昭和25)
社会主義文学の先駆者,在野の史論家。本名武司。静岡県引佐郡気賀町(現,細江町)に生まれる。早稲田大学文学部哲学科に在学中から社会主義運動に接近,1904年には加藤時次郎主宰の〈直行団〉に参加したり,週刊《平民新聞》などにも執筆。翌年プロレタリア文学運動のさきがけと評される火鞭会(かべんかい)を山口孤剣らと結成。大逆事件後,《週刊サンデー》の編集のかたわら売文社員となり,堺利彦らの《へちまの花》創刊に参加したが,以後はしだいに史論や社会講談に力点を移した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しらやなぎしゅうこ【白柳秀湖】

1884~1950) 評論家・歴史家。静岡県生まれ。本名、武司。早大卒。社会主義に共鳴し「直言」「火鞭」に健筆をふるった。文集「離愁」、小説「駅夫日記」、評論「鉄火石火」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白柳秀湖
しらやなぎしゅうこ
(1884―1950)

明治~昭和期の文学者、史論家。明治17年1月7日、静岡県引佐(いなさ)郡気賀(きが)町(現、浜松市北区細江(ほそえ)町)に生まれる。本名は武司(たけし)。筆名は哲羊生(てつようせい)、曙(あけ)の里人(さとびと)。1907年(明治40)早稲田(わせだ)大学文学科哲学部を卒業。在学中より同郷の先輩村松楽水(らくすい)の影響を受け、足尾鉱毒事件などの社会問題に関心を寄せ、平民社の運動に参加。1905年には『火鞭(かべん)』を創刊、『駅夫(えきふ)日記』で社会主義の新しい世代として注目される作家・社会批評家となった。大逆事件の起きた1910年『町人の天下』を刊行。山路愛山(やまじあいざん)の史論を継ぐ史家としても活躍した。代表作に『財界太平記』『西園寺公望(きんもち)伝』『民族日本歴史』などがある。かたわら社会講談を創案し、また『坂本龍馬(りょうま)』などの大衆文学も執筆した。十五年戦争期には、戦争協力の立場をとったため、晩年は孤独であった。1950(昭和25)11月9日死去。[松島榮一]
『白柳夏男著『戦争と父と子――白柳秀湖伝』(1971・日本商工出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白柳秀湖の言及

【火鞭】より

…1905年(明治38)9月~06年5月まで9号発行され,《ヒラメキ》に合併。火鞭会発起人の児玉花外,小野有香,山田滴海,山口孤剣,中里介山,原霞外,白柳秀湖のほか,内田魯庵,木下尚江,徳田秋声などが執筆している。文学作品としては,かならずしも質の高いものばかりとはいえないが,〈批評を以て創作の隷属となすを弾劾し〉として批評のもつ意味を高めた。…

※「白柳秀湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白柳秀湖の関連キーワード講壇社会主義社会主義神髄火の柱社会主義革命社会主義研究会神秘主義文学先駆者日本民主主義文学会リアリズム文学ボロホフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白柳秀湖の関連情報