災殃(読み)さいおう

精選版 日本国語大辞典「災殃」の解説

さい‐おう ‥アウ【災殃】

〘名〙 わざわい。災難
※続日本紀‐天平九年八月(737)甲寅「良由朕之不徳
十訓抄(1252)六「不信の者、昔より災殃にあたるたぐひ多し」 〔後漢書‐光武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「災殃」の解説

【災殃】さいおう(あう)

わざわい。〔後漢書、光武帝紀下〕(建武二十二年九月戊辰)地、震裂す。詔して曰く、~今震裂するは、咎(とが)め君上に在り。(したが)はず、殃將(まさ)に人にばんとす。甚だ懼る~と。

字通「災」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android