(読み)さい

精選版 日本国語大辞典「災」の解説

さい【災】

〘名〙 わざわい。災難災害。〔続日本紀‐慶雲三年(706)〕
方丈記(1212)「若(もし)、せばき地に居れば、近く炎上ある時、その災を逃るる事なし」 〔春秋左伝‐荘公二九年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android