コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉筒ボイラ ろとうボイラflue boiler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉筒ボイラ
ろとうボイラ
flue boiler

丸ボイラの一種。直径の大きいボイラ胴体を貫いて1本ないし2本の炉筒を設け,その入口の火格子上で燃料を燃やして,燃焼ガスは炉筒を熱し,炉筒の後端から出て煙道を流れボイラ胴を外部から加熱する構造となっている。このボイラは圧力は 12気圧程度までであるが,水部の容積が大きいので,圧力の変動が少く,構造が簡単で内部の掃除が容易であり,給水の性質についてもあまり気を使わなくてもよいなどの長所があり,古くから工場用として広く用いられてきた。しかし大きさの割合に蒸発量が少く,始動に時間がかかり,効率もあまりよくないので,最近ではこの種のボイラが新造されることは少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報