コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉跡 ろあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉跡
ろあと

古代の住居址などにある焚き火の跡。くぼみに焼土だけが残っているもの,土器を埋めてあるもの,まわりを石で囲んであるものなどがある。暖をとったり,照明や調理に用いたと考えられている。縄文時代早期には屋外につくられたものがあり,中期には長野県茅野市尖石遺跡,長野県諏訪郡富士見町井戸尻遺跡群,新潟県長岡市栃倉遺跡など多くの遺跡にみられるように,石で囲った堅固なものが現れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

炉跡の関連キーワード九州・山口の近代化産業遺産群印上野原(うえのはら)遺跡高麗村石器時代住居跡戌立石器時代住居跡ラナ・グンダイ遺跡譲原石器時代住居跡馬高岩手県釜石市橋野町尖石石器時代遺跡バイア・マーレ磯(鹿児島市)飛鳥池工房遺跡フゴッペ洞窟長者ヶ原遺跡カプサ文化欣岩里遺跡石橋里遺跡西の浜貝塚山王囲遺跡串田新遺跡

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炉跡の関連情報