コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉跡 ろあと

1件 の用語解説(炉跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉跡
ろあと

古代の住居址などにある焚き火の跡。くぼみに焼土だけが残っているもの,土器を埋めてあるもの,まわりを石で囲んであるものなどがある。暖をとったり,照明や調理に用いたと考えられている。縄文時代早期には屋外につくられたものがあり,中期には長野県茅野市尖石遺跡長野県諏訪郡富士見町井戸尻遺跡群新潟県長岡市栃倉遺跡など多くの遺跡にみられるように,石で囲った堅固なものが現れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炉跡の関連キーワード凹石敷石住居址住居址缶焚き・竈焚き・竃焚き凹み石焚き口焚き火火焚き・火焼きマリタ焚き火台

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炉跡の関連情報