コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖石遺跡 とがりいしいせき

7件 の用語解説(尖石遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖石遺跡
とがりいしいせき

長野県茅野市豊平南大塩にある縄文時代中期の遺跡。地域内に尖石と呼ばれる三角錐状の巨石がある。八ヶ岳の山麓,標高約 1000mの高原にあり,多数の住居址,遺物が確認された。 1952年特別史跡に指定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とがりいし‐いせき〔‐ヰセキ〕【尖石遺跡】

長野県茅野市の八ヶ岳西麓にある縄文時代中期の代表的な集落遺跡。昭和15年(1940)ごろから地元の研究家が独力で発掘し、日本先史時代の集落研究の出発点となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尖石遺跡【とがりいしいせき】

長野県茅野市南大塩,八ヶ岳西山麓高原上にある縄文(じょうもん)中期の遺跡(特別史跡)。1940年―1942年に竪穴(たてあな)住居跡30余が発掘され,石鏃(せきぞく),石斧(せきふ),土偶などが出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とがりいしいせき【尖石遺跡】

長野県茅野市豊平南大塩にあり,八ヶ岳西麓に発達した縄文時代中期の代表的な遺跡。1940年頃から地元の考古学者宮坂英弌(ふさかず)(1887‐1975)が独力で発掘を続け,多数の住居址群や遺物を発見した。日本における原始集落研究のさきがけをなした学史的にも重要な遺跡で,52年には国の特別史跡に指定された。尖石遺跡と浅い沢一つへだてた台地上にある与助尾根遺跡は,終戦後の47年から本格的に発掘されて,台地上にあった28ヵ所の竪穴住居址が全掘され,縄文中期の集落構成を研究するための良好な材料を提供した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とがりいしいせき【尖石遺跡】

長野県茅野ちの市にある遺跡。八ヶ岳西麓における縄文中期の竪穴住居の集落跡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

とがりいしいせき【尖石遺跡】


尖石石器時代遺跡(とがりいしせっきじだいいせき)

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尖石遺跡
とがりいしいせき

長野県茅野(ちの)市豊平(とよひら)東嶽(ひがしだけ)にある縄文時代中期の集落遺跡。八(やつ)ヶ岳西山麓(さんろく)標高1070メートルの帯状台地に展開する。研磨痕(こん)の残る高さ1.1メートルの三角錐(すい)形の「尖石」が古くから知られ、遺跡名はこれに由来する。村人からも変人扱いされた宮坂英弌(ふさかず)(1887―1975)が、昭和10年代なかばから独力で発掘調査を続け、多数の遺物や竪穴(たてあな)住居址(し)・炉址を検出して注目されてきた。その後さらに対岸にある与助尾根(よすけおね)遺跡の調査により、中央空間を広場とする典型的集落構成が露呈され、わが国における縄文時代集落址研究の嚆矢(こうし)となり、井戸尻(いどじり)遺跡などとともに八ヶ岳山麓は日本を代表する遺跡密集地域となった。遺物、とりわけ蛇身装飾付深鉢をはじめとする豪華雄渾(ゆうこん)な土器群は圧巻である。1952年(昭和27)特別史跡に指定された。近くに茅野市尖石考古館がある。[樋口昇一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尖石遺跡の関連キーワード茅野市八ヶ岳総合博物館長野県茅野市湖東長野県茅野市城山長野県茅野市ちの長野県茅野市豊平長野県茅野市豊平泉長野県茅野市中大塩長野県茅野市仲町長野県茅野市宮川長野県茅野市米沢

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尖石遺跡の関連情報