コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炊き/爨き カシキ

デジタル大辞泉の解説

かしき【炊き/×爨き】

《「かしぎ」とも》
飯をたくこと。また、その人・場所。
「気の早い家は三時前から―の煙をあげた」〈三島潮騒
生活の手段。
「喰ってく位(ぐれえ)の―はどんなことをしたってつけてくれる」〈万太郎・春泥〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

炊き

 塩田で働いていた労働者(浜子[はまこ])の1つです。塩をつくる作業以外に炊事を担当していました。新入りの浜子の仕事でした。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

炊き/爨きの関連キーワード始めちょろちょろ中ぱっぱ赤子泣くとも蓋取るな笋羹・笋干・筍干・筍羮卯の花炒り/卯の花煎り日清のラーメン屋さん炊き立て・炊立て圧力&スチーム田川ホルモン鍋ジャンバラヤバターライスふっくりんこご存知最中栗きんとん明治饅頭煮合わせ湯取り飯近江富士混ぜ御飯炊飯くん千鳥饅頭蜂の子飯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android