コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素一四 タンソジュウシ

2件 の用語解説(炭素一四の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんそ‐じゅうし〔‐ジフシ〕【炭素一四】

炭素質量数14の放射性同位体。天然には宇宙線中性子と大気上層での窒素との核反応によって生成し、大気中に二酸化炭素として存在する。β崩壊し、半減期は5730年。生物が死ぬと大気中の二酸化炭素と生体内との交換がなくなるため、放射性炭素年代測定法に利用される。14C。C14。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんそじゅうし【炭素一四】

質量数が一四の炭素の放射性同位体。半減期5730年でベータ崩壊を行う。窒素と中性子との反応によって人工的につくられるほか、同様の反応によって天然にも微量存在する。生体内トレーサーとして、また考古学的な年代測定に用いる。記号 14C  

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone