コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭素一四 タンソジュウシ

2件 の用語解説(炭素一四の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんそ‐じゅうし〔‐ジフシ〕【炭素一四】

炭素質量数14の放射性同位体。天然には宇宙線中性子と大気上層での窒素との核反応によって生成し、大気中に二酸化炭素として存在する。β崩壊し、半減期は5730年。生物が死ぬと大気中の二酸化炭素と生体内との交換がなくなるため、放射性炭素年代測定法に利用される。14C。C14。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんそじゅうし【炭素一四】

質量数が一四の炭素の放射性同位体。半減期5730年でベータ崩壊を行う。窒素と中性子との反応によって人工的につくられるほか、同様の反応によって天然にも微量存在する。生体内トレーサーとして、また考古学的な年代測定に用いる。記号 14C  

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭素一四の関連キーワード放射性炭素放射性同位体ラジオアイソトープコバルト六〇沃素一三一人工放射性同位体天然放射性同位体放射性同位核放射性沃素カリウム四〇