コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸孔 タンサンコウ

岩石学辞典の解説

炭酸孔

炭酸噴気孔(mofette)と同じ.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸孔
たんさんこう

おもに二酸化炭素(炭酸ガスCO2)を噴出する噴気孔。水蒸気のほか、水素、メタン、窒素などが少量含まれることが多い。普通は低温で、噴火活動をやめ、死滅した火山によくみられ、活火山では麓(ふもと)にあることがある。窪地(くぼち)や洞穴の中に炭酸孔があると、炭酸ガスが充満して危険で、鳥地獄、犬地獄などとよばれる。イタリアのナポリ付近、フランス中部、アメリカのイエローストーン、日本の兵庫県有馬(ありま)温泉、島根県三瓶(さんべ)山などに好例がみられる。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

炭酸孔の関連キーワード温泉(地学)炭酸噴気孔後火山作用