コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸光雄 からすまる みつお

美術人名辞典の解説

烏丸光雄

江戸前期の公卿歌人。資慶の嗣子権大納言に至る。烏丸家の歌学を継ぎ、その歌論は家流を守りつつ独自の見識があり、門人の諸書に録されている。元禄3年(1690)歿、44才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏丸光雄 からすまる-みつお

1647-1690 江戸時代前期の公卿(くぎょう),歌人。
正保(しょうほ)4年3月12日生まれ。烏丸資慶(すけよし)の長男。母は清閑寺共房の娘。参議,右大弁をつとめ,延宝8年従二位,天和(てんな)元年(1681)権(ごんの)大納言となる。二条派の歌学をつぎ,歌論家として知られる。門人の岡西惟中(いちゅう)がまとめた歌道論「光雄卿口授(くじゅ)」がある。元禄(げんろく)3年10月17日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

烏丸光雄 (からすまるみつお)

生年月日:1647年3月12日
江戸時代前期の歌人;公家
1690年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

烏丸光雄の関連キーワード勘解由小路韶光生年月日烏丸光栄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android