コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏里雅蘇台将軍 ウリヤスタイしょうぐんWū lǐ yǎ sū tái jiāng jūn

世界大百科事典 第2版の解説

ウリヤスタイしょうぐん【烏里雅蘇台将軍 Wū lǐ yǎ sū tái jiāng jūn】

中国,清代の官職名。モンゴリア西部のウリヤスタイ(烏里雅蘇台)に駐在し,外モンゴル諸部,ならびにコブド(科布多)・ウリヤンハイ(烏梁海)全域の軍政を指揮監督した。定辺左副将軍が正しい呼称である。将軍の麾下(きか)に参賛大臣2名と4人の副将軍とがあったが,後者には外モンゴル4部長(汗)を充てた。参賛大臣2名のうち1名は烏里雅蘇台等処地方参賛大臣,他は定辺等処地方参賛大臣と称した。【若松 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android