コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副将軍(読み)フクショウグン

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふくしょうぐん【副将軍】

茨城の日本酒。酒名は、水戸藩2代藩主・徳川光圀にちなみ命名。大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒、普通酒がある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦など。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「明利酒類」は昭和25年(1950)創業。協会10号酵母として登録された「明利小川酵母」の発祥蔵。所在地は水戸市元吉田町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくしょうぐん【副将軍】

将軍または大将軍を助ける臨時の官名。
江戸時代、水戸藩主の称。特に、二代藩主徳川光圀をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の副将軍の言及

【将軍】より

…日本古代においては天皇の命を受け,軍隊を統率して蝦夷(えみし),隼人(はやと)等を討ち,また海を渡って朝鮮半島に戦った軍人の称。《日本書紀》に崇神天皇が四方を征服せしめるために4人を将軍に任じたことが見え(四道将軍),また雄略天皇が紀小弓(きのおゆみ)ら4卿を将軍に任じ,欽明・推古朝に外征の大将軍,副将軍の任命されたことが散見するが,これらは後世の称号をもって追記したもので,当時はただイクサノキミとのみ言い,将軍の号はなかったものと思われる。ただ,《日本書紀》に将軍の肩書を持つ氏族を見ると,大伴・物部はもちろんのこと,蘇我・河辺・境部のいわゆる蘇我一族,それらとともに武内宿禰の裔と称する紀・角・巨勢・葛城・平群・波多の諸氏が目だち,そのほか上毛野・阿倍・吉備などの雄族,そして海人(あま)族である阿曇氏などが挙げられる。…

※「副将軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android