コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副将軍 フクショウグン

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふくしょうぐん【副将軍】

茨城の日本酒。酒名は、水戸藩2代藩主・徳川光圀にちなみ命名。大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒、普通酒がある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦など。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「明利酒類」は昭和25年(1950)創業。協会10号酵母として登録された「明利小川酵母」の発祥蔵。所在地は水戸市元吉田町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

副将軍

茨城県、明利酒類株式会社の製造する日本酒。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくしょうぐん【副将軍】

将軍または大将軍を助ける臨時の官名。
江戸時代、水戸藩主の称。特に、二代藩主徳川光圀をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の副将軍の言及

【将軍】より

…日本古代においては天皇の命を受け,軍隊を統率して蝦夷(えみし),隼人(はやと)等を討ち,また海を渡って朝鮮半島に戦った軍人の称。《日本書紀》に崇神天皇が四方を征服せしめるために4人を将軍に任じたことが見え(四道将軍),また雄略天皇が紀小弓(きのおゆみ)ら4卿を将軍に任じ,欽明・推古朝に外征の大将軍,副将軍の任命されたことが散見するが,これらは後世の称号をもって追記したもので,当時はただイクサノキミとのみ言い,将軍の号はなかったものと思われる。ただ,《日本書紀》に将軍の肩書を持つ氏族を見ると,大伴・物部はもちろんのこと,蘇我・河辺・境部のいわゆる蘇我一族,それらとともに武内宿禰の裔と称する紀・角・巨勢・葛城・平群・波多の諸氏が目だち,そのほか上毛野・阿倍・吉備などの雄族,そして海人(あま)族である阿曇氏などが挙げられる。…

※「副将軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

副将軍の関連キーワードウリヤスタイ(烏里雅蘇台)将軍本格いも焼酎漫遊記烏里雅蘇台将軍えび千両ちらし庫倫辦事大臣田中多太麻呂佐伯久良麻呂紀真人(2)ウリヤスタイ安倍猨嶋墨縄市川 幡谷高橋安麻呂征夷大将軍大伴弟麻呂池田真枚巨勢野足大伴益立佐伯全成大伴百世入間広成

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

副将軍の関連情報