コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無償資金協力 むしょうしきんきょうりょくgrant aid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無償資金協力
むしょうしきんきょうりょく
grant aid

経済協力の一形態。必要な施設や資機材および役務の調達に必要な資金を,返済義務を課さずに供与するもの。日本では 1968年から開始され,一般無償援助,水産援助,災害関係援助,文化関係援助,食糧援助食糧増産援助などを行なっている。発展途上国のかかえる課題の多様化に伴い,無償資金協力の形態も多様化しており,ノンプロジェクト無償援助,債務救済無償援助,小規模無償援助が開始されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

無償資金協力の関連キーワード経済構造改善努力支援無償援助政府の途上国援助(ODA)ソロモン諸島沖地震・津波国際協力機構(JICA)第3回アフリカ開発会議日本の対カンボジア援助日本政策金融公庫(株)パプア・ニューギニア人づくり協力構想コートジボワールTICADIIIパレスチナ自治区海外経済協力基金贈与[国際関係]日本とパキスタンウズベキスタン国際協力事業団国際協力銀行政府金融機関国際協力機構

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無償資金協力の関連情報