コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無外爾然 むがい にねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無外爾然 むがい-にねん

?-? 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。円爾(えんに)の法をつぎ,のち宋(そう)(中国)にわたる。帰国後,文永8年(1271)吉良満氏(きら-みつうじ)が創建した三河(愛知県)実相寺に円爾を開山(かいさん)としてまねき,爾然が2世をついだ。山城(京都府)出身。諡号(しごう)は応通禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

無外爾然の関連キーワード可庵円慧一峰明一

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android