コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無年金 ムネンキン

2件 の用語解説(無年金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

む‐ねんきん【無年金】

70歳まで年金保険料を納付しても、受給要件を満たさないため、年金を受け取れないこと。→低年金
[補説]老齢年金の受給資格を得るには、原則として25年以上、公的年金に加入している必要があり、平成19年(2007)に社会保険庁(当時)が行った調査では約118万人が無年金者になると推計された。無年金者を減らすため、2015年10月から、受給資格期間が10年に短縮される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無年金
むねんきん

年金の支給を受けられない状態。無年金になる人には、保険料納付期間が受給要件を満たしていないため受給資格がないケースと、老齢厚生年金支給開始年齢の引き上げにより、年金の支給を受けられない時期が生じる人のケースとがある。
 一つ目のケースは、国民年金・厚生年金・共済年金の保険料納付期間(保険料免除期間も含む)の合計が25年以上にならない人である。2007年(平成19)の社会保険庁(当時)の調査によると、70歳まで保険料を納付しても年金を受給できない無年金者は約118万人になると推計されている。ただし、この数字には国民年金に任意加入することで受給資格期間を満たすことができる人、年金記録不備により無年金者となっているものの、その後の修正により無年金から脱却できる人も含まれる。
 二つ目のケースは、2013年4月に始まった老齢厚生年金の支給開始年齢引き上げにより生じているものである(女性は男性より5年遅れの2018年から引き上げ開始)。民間企業などに勤め、厚生年金に加入していた人は、老後に老齢基礎年金に加え、老齢厚生年金を受け取ることができる。その支給開始年齢は65歳であるが、経過措置として65歳前に特別支給の老齢厚生年金が支給されている。しかし2013年度に60歳を迎える1953年(昭和28)4月2日以降生まれの男性の年金支給開始年齢が61歳となったため、該当者が同年に60歳で定年退職した場合、1年間年金を受け取ることができなくなり、無年金・無収入状態になる。この支給開始年齢の引き上げは段階的に行われ、男性で1961年、女性で1966年の4月2日生まれ以降の人から、受給開始年齢が65歳となる。ただし、繰り上げ請求をすることにより60歳から年金を受け取ることが可能である。また、支給開始年齢引き上げに対応して、高年齢者雇用安定法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)の改正が2013年4月に施行され、継続雇用制度において、すべての希望者を継続雇用することなどが企業に義務づけられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無年金の関連キーワード資金保険遡及全喪退職共済年金定額年金保険低年金据置年金国民年金の任意加入国民年金保険料の未納率年金の受給資格年金保険料の免除

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無年金の関連情報