コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無役 ムヤク

デジタル大辞泉の解説

む‐やく【無役】

役目のないこと。「無役の旗本」
課役のないこと。無税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むやく【無役】

役目をもたないこと。非役。
課役がないこと。無税。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無役の言及

【旗本】より

…寛政期の旗本の知行(ちぎよう)形態は知行取の人数2264人(43%),知行高262万7540石(80%)(図1),蔵米取の人数2941人であり,蔵米高の内訳は切米取62万1525俵(2836人分)が大部分を占め(図2),現米取と扶持取は少である。 旗本の幕府勤仕は有職を原則としたが無役の者も少なくない。有職の旗本は武事系の番方(ばんかた)と文事系の役方に分かれ(番方・役方),はじめは番方が重視されたが,泰平のためしだいに役方が重視されるにいたった。…

※「無役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無役の関連キーワード寄り合い・寄合い・寄合澁谷えりか末吉長五郎交代寄合諏訪頼戡問答無用矢沢頼尭田村三省ゆかな勝小吉勝海舟本百姓表高家小普請勝惟寅役目旗本直参非役組頭

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無役の関連情報