コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無心連歌 むしんれんが

3件 の用語解説(無心連歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無心連歌
むしんれんが

滑稽を主とする連歌。優雅な連歌を有心連歌 (うしんれんが) というのに対していう。無心連歌は座興に行われたもので,多く記録にとどめられていない。平安時代からこの2種の傾向の連歌があったが,後鳥羽院の頃,無心連歌を詠むグループを栗の本 (もと) ,有心連歌のそれを柿の本 (柿本人麻呂にちなむ) と呼び,対立して競い合ったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むしん‐れんが【無心連歌】

優雅な趣きを重んじる有心(うしん)連歌に対して、無心体連歌。栗(くり)の本(もと)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むしんれんが【無心連歌】

鎌倉初期に行われた滑稽や機知を重んじた連歌。その作者を無心衆という。栗本衆くりのもとのしゆうとも。 ↔ 有心連歌

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無心連歌の言及

【俳諧】より

…なお,江戸時代では,俳諧の語をとくに狭義に用いて,連歌形式の俳諧作品(連句)を指していうことが多い。
[史的変遷]
 発生期の連歌は,のちの俳諧之連歌と質的にそれほど変わりはなかったが,上層貴族文化人たちによって,和歌的情趣を好み本意本情を重んじる有心連歌としてしだいに洗練されてしまったので,やがて有心連歌と無心連歌(俳諧之連歌)は袂を分かつようになり,それがまた連歌から俳諧之連歌が独立していく機縁となった。1499年(明応8)には現存最古の俳諧之連歌集《竹馬狂吟集》が編まれ,室町時代末期には山崎宗鑑の《誹諧連歌》(犬筑波集)や荒木田守武の《誹諧之連歌独吟千句》(守武千句)なども成立,それによって連歌にいきいきとした解放感と明るく健康な諧謔精神が回復され,やがてその魅力により,俳諧之連歌は連歌界の主導権を奪ってしまうのである。…

【連歌】より

…13世紀に至り,50句,100句等の長いまとまりで詠むことが多くなり,やがて百韻の形式が基本になる。その動向の中心となったのは後鳥羽院とその周辺にいた藤原定家・同家隆らの歌人であり,連歌は和歌に付随したものとして詠まれるのが当時の一般的なあり方であったこと,さらに和歌的情趣による,いわゆる〈有心(うしん)連歌〉を詠む有心衆(柿本衆)と,滑稽諧謔を中心とする,いわゆる〈無心(むしん)連歌〉を詠む無心衆(栗本衆)との両派に分かれて競作するような場合もあったことが注意される。このころから,複数の作者による共同制作が定式化し,詠作上の種々の約束事が集積され,連歌の座の運営を円滑にする努力がなされるようになり,連歌式目(式目)の発生がうながされた。…

※「無心連歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無心連歌の関連キーワード鎌倉御所愚昧記十輪院八代集鎌倉海老鎌倉殿番鍛冶鎌倉焼曽我時致「いざ鎌倉」

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone