コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無拠出制年金 むきょしゅつせいねんきん

1件 の用語解説(無拠出制年金の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

無拠出制年金【むきょしゅつせいねんきん】

年金額の支給に要する費用を,被保険者が負担せず全額国庫負担とする年金制度。この年金では,給付が資力調査を前提としない場合は,社会扶助呼ばれる。→拠出制年金
→関連項目国民年金福祉年金母子福祉年金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

無拠出制年金の関連キーワード単生保険保険価額救援者費用保険金損害防止費用記名被保険者許諾被保険者定期生命年金生命年金船費保険保険金額あん分方式

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone