社会扶助(読み)しゃかいふじょ(英語表記)social assistance

知恵蔵の解説

社会扶助

社会保険」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいふじょ【社会扶助 social assistance】

ILOの《社会保障への途Approaches to Social Security》(1942)は,社会保障の技術面での二つの柱として,社会扶助と社会保険とをあげている。ここでいう社会扶助とは,1891年のデンマーク無拠出年金制度に範をとっている。これは旧来の救貧関係法とは区別され,市(公)民権の喪失をともなわず,資力調査means testより狭い所得調査income test等を要件として,所得が一定限度を上回らないかぎり,すべての者が等しくほぼ定形の給付を受ける,という画期的なものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいふじょ【社会扶助】

社会保障の扶助方式の一。資産調査・必要即応などを特徴とする公的扶助に対し、所得調査・定額給付などを特徴とする。社会手当・社会的補給金とも。 → 公的扶助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の社会扶助の言及

【公的扶助】より

…ただ社会保障体系としては,むしろILOの《社会保障への途》(1942)とかイギリスのベバリッジ報告(1942)などにおいて詳しく論議されており,このころに概念が確立されたといってよい。もっとも前者では社会扶助social assistance,後者では国民扶助national assistanceの語を用いている。なお最近になって日本では社会扶助(上述のILOの用語と異なる)の概念も,用いられるようになってきた。…

※「社会扶助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会扶助の関連情報