社会扶助(読み)しゃかいふじょ(英語表記)social assistance

  • 社会扶助 social assistance

世界大百科事典 第2版の解説

ILOの《社会保障への途Approaches to Social Security》(1942)は,社会保障の技術面での二つのとして,社会扶助と社会保険とをあげている。ここでいう社会扶助とは,1891年のデンマーク無拠出年金制度にをとっている。これは旧来の救貧関係法とは区別され,市()民権の喪失をともなわず,資力調査means testより狭い所得調査income test等を要件として,所得が一定限度を上回らないかぎり,すべての者が等しくほぼ定形給付を受ける,という画期的なものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵の解説

社会保険」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の社会扶助の言及

【公的扶助】より

…ただ社会保障体系としては,むしろILOの《社会保障への途》(1942)とかイギリスのベバリッジ報告(1942)などにおいて詳しく論議されており,このころに概念が確立されたといってよい。もっとも前者では社会扶助social assistance,後者では国民扶助national assistanceの語を用いている。なお最近になって日本では社会扶助(上述のILOの用語と異なる)の概念も,用いられるようになってきた。…

※「社会扶助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会扶助の関連情報