コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無機質肥料 むきしつひりょう

3件 の用語解説(無機質肥料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無機質肥料
むきしつひりょう

肥料を原料によって分類した場合,肥料成分を無機化合物の形で含有するもののこと。有機質肥料と対置される。過リン酸,硫安,草木灰など。今日では無機質肥料の比重が圧倒的に高く,有機質肥料は減少の一途にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むきしつ‐ひりょう〔‐ヒレウ〕【無機質肥料】

化学肥料

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むきしつひりょう【無機質肥料】

無機質の成分からできている肥料。硫安・過リン酸石灰・塩化カリなどの化学肥料と草木灰など。無機肥料。 ↔ 有機質肥料

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無機質肥料の言及

【化学肥料】より

…無機質の原料に化学的操作を加えて製造された人造肥料で,一般に化学工業の生産物である。動植物質を原料とする油かす,骨粉などの有機質肥料に対する無機質肥料の主体をなしている。
[歴史]
 1843年イギリスにおいて工業的に過リン酸石灰が製造されはじめたが,20世紀初めに空気中の窒素からアンモニアを合成することが工業的に成功して以来,生産量が急激に増加し,現在では肥料といえば,ただちに化学肥料を意味するほど一般化している。…

※「無機質肥料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無機質肥料の関連キーワードボード断熱材無機無機塩類無機質無機肥料無機物体組成無機質化無機質断熱材

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone