コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無機質肥料 むきしつひりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無機質肥料
むきしつひりょう

肥料を原料によって分類した場合,肥料成分を無機化合物の形で含有するもののこと。有機質肥料と対置される。過リン酸,硫安草木灰など。今日では無機質肥料の比重が圧倒的に高く,有機質肥料は減少の一途にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むきしつひりょう【無機質肥料】

無機質の成分からできている肥料。硫安・過リン酸石灰・塩化カリなどの化学肥料と草木灰など。無機肥料。 ⇔ 有機質肥料

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無機質肥料の言及

【化学肥料】より

…無機質の原料に化学的操作を加えて製造された人造肥料で,一般に化学工業の生産物である。動植物質を原料とする油かす,骨粉などの有機質肥料に対する無機質肥料の主体をなしている。
[歴史]
 1843年イギリスにおいて工業的に過リン酸石灰が製造されはじめたが,20世紀初めに空気中の窒素からアンモニアを合成することが工業的に成功して以来,生産量が急激に増加し,現在では肥料といえば,ただちに化学肥料を意味するほど一般化している。…

※「無機質肥料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無機質肥料の関連キーワード鉱物質肥料複合肥料室内園芸肥料工業配合肥料カリ肥料無機肥料チャ緑肥

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android