コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無機質肥料 むきしつひりょう

3件 の用語解説(無機質肥料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無機質肥料
むきしつひりょう

肥料を原料によって分類した場合,肥料成分を無機化合物の形で含有するもののこと。有機質肥料と対置される。過リン酸,硫安,草木灰など。今日では無機質肥料の比重が圧倒的に高く,有機質肥料は減少の一途にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むきしつひりょう【無機質肥料】

無機質の成分からできている肥料。硫安・過リン酸石灰・塩化カリなどの化学肥料と草木灰など。無機肥料。 ↔ 有機質肥料

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無機質肥料の言及

【化学肥料】より

…無機質の原料に化学的操作を加えて製造された人造肥料で,一般に化学工業の生産物である。動植物質を原料とする油かす,骨粉などの有機質肥料に対する無機質肥料の主体をなしている。
[歴史]
 1843年イギリスにおいて工業的に過リン酸石灰が製造されはじめたが,20世紀初めに空気中の窒素からアンモニアを合成することが工業的に成功して以来,生産量が急激に増加し,現在では肥料といえば,ただちに化学肥料を意味するほど一般化している。…

※「無機質肥料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone