コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草木灰 ソウモクバイ

3件 の用語解説(草木灰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうもく‐ばい〔サウモクばひ〕【草木灰】

草や木を焼いてできる灰。カリウム燐酸(りんさん)を多く含み、肥料にする。そうもくかい。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草木灰
そうもくばい

(わら)や落ち葉、枯れ草などを焼いてつくった灰で、古くから肥料として使用されてきた代表的自給肥料である。最近では化学肥料の使用や藁類の不足からその施用量はきわめてわずかであるが、機械化が進んだ水田などでは藁が焼却処理され灰となって農地に還元されている。カリ(カリウム)、石灰の炭酸塩、リン酸塩、ケイ酸塩が主成分であるが、成分組成は材料によって大きく異なる。標準的にはリン酸3~4%、カリ4~9%を含む。速効性であるが強いアルカリ反応を呈するので、種子の発芽や幼植物の生育を害さないように、あらかじめ播種(はしゅ)前に施用しておくのがよい。なお、2011年(平成23)3月の東日本大震災の際に発生した福島第一原子力発電所の事故により藁や落ち葉等が放射性セシウムにより汚染されたため、東北、関東甲信越、静岡県の計17都県の落ち葉などを原料とする肥料については施用が自粛された。暫定許容値として草木灰1キログラム当り400ベクレルが2011年8月に新たに設けられた。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草木灰の関連情報