コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機質肥料 ゆうきしつひりょう

4件 の用語解説(有機質肥料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機質肥料
ゆうきしつひりょう

有機質成分によって形成されている肥料で動植物質肥料のこと。肥料の3要素 (窒素,リン酸,カリウム) のほかに有機物を含む。 (1) 肥料養分を供給するとともに化学的作用によって漸次可溶性となって肥効を増す,(2) 土壌の理化学的性質を改善する,(3) 土壌の保水力,吸水力を増す,(4) 土壌細菌を増殖する,などの効果がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきしつひりょう【有機質肥料 organic fartilizer】

肥料として農地に施与される動・植物質由来の有機物資材をいう。魚粉,骨粉,植物性油かす(ダイズ油かす,ナタネ油かすなど)とそれらの加工品などがある。昔は生わらや堆肥,厩肥(きゆうひ)のような土壌改良を目的とした粗大有機物資材や人糞尿(じんぷんによう),家畜・家禽(かきん)糞などは自給肥料として通常の販売有機質肥料と区別されていたが,現在ではこれらのものでも多少加工されただけで販売されるようになり,有機質肥料とみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有機質肥料の関連情報