コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無症候性キャリア むしょうこうせいキャリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無症候性キャリア
むしょうこうせいキャリア

HIV (ヒト免疫不全ウイルス) に感染していても,まだ発病していない人のこと。 HIVに感染しても,8割の人は,まったく症状が出ないといわれる。残りの2割の人は,感染から約2週間後発熱,咽頭痛,筋・関節痛,リンパ節のはれ,不定の発疹 (はっしん) などのかぜ症状が現れるが,1~2週間で回復,以後,本格的な発症まで自覚症状がない。しかし平均2~5年で,これら無症候キャリアも発病するといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むしょうこうせい‐キャリア〔ムシヤウコウセイ‐〕【無症候性キャリア】

疾患の原因となるウイルス細菌に感染していても症状が現れていない人をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

無症候性キャリアの関連キーワードエイズエイズ/HIV感染症HIVの予防法エイズHANDHIVフマル酸テノホビルジソプロキシルビリアード錠抗ウイルス剤薬害エイズ問題

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無症候性キャリアの関連情報