コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無観客試合

1件 の用語解説(無観客試合の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無観客試合

観客がいない状態で試合が行われ、ホームクラブにとって経営的な損失が大きい。浦和の場合、入場料収入だけでも約9900万円(2012年度の1試合平均)に上る。2005年6月のワールドカップ予選、北朝鮮―日本戦は、それ以前の試合で北朝鮮の観客が暴徒化したとして、無観客試合として中立地バンコク開かれた。海外では差別行為の悪質さなどに応じて「一部無観客」の処分もある。

(2014-03-14 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無観客試合の関連情報