コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無観客試合

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無観客試合

観客がいない状態で試合が行われ、ホームのクラブにとって経営的な損失が大きい。浦和の場合、入場料収入だけでも約9900万円(2012年度の1試合平均)に上る。2005年6月のワールドカップ予選、北朝鮮―日本戦は、それ以前の試合で北朝鮮の観客が暴徒化したとして、無観客試合として中立地バンコクで開かれた。海外では差別行為の悪質さなどに応じて「一部無観客」の処分もある。

(2014-03-14 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

無観客試合の関連キーワードサッカー界の反差別への取り組みAlphaGo

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無観客試合の関連情報