コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無記名定期預金 むきめいていきよきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無記名定期預金
むきめいていきよきん

特別定期預金ともいう。預金者の住所氏名が秘匿されている定期預金であって,預け入れに際しては印鑑だけを届け出させ,預金証書無記名で発行されるもの。そして払戻しの際も届け出印を押捺させ,その呈示者に元利金を支払う。この預金は預金者が秘匿されているだけで,性質は普通の定期預金と同様で,無記名といっても受取人を特定しない無記名債権ではなく,氏名こそ表示されていないが預金者は特定しているので指名債権であり,したがってこの預金の預金証書は単なる証拠証券であって有価証券ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むきめい‐ていきよきん【無記名定期預金】

住所・氏名を秘匿し、取引に使用する印鑑を届け出るだけで契約される定期預金特別定期預金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むきめいていきよきん【無記名定期預金】

秘密保持のため住所・氏名を明示せず、取引に使用する印鑑の届け出のみで契約される定期預金。特別定期預金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android