コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無鉛ガソリン ムエンガソリン

大辞林 第三版の解説

むえんガソリン【無鉛ガソリン】

アンチノック剤としての有機鉛化合物(テトラエチル鉛など)を含まないガソリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無鉛ガソリン
むえんがそりん
unleaded gasoline

テトラエチル鉛Pb(C2H5)4、テトラメチル鉛Pb(CH3)4などのアンチノック剤を添加(加鉛)していないガソリン。従来、自動車はすべて加鉛してそのオクタン価を上昇させていたが、近年排気ガス中の鉛化合物が、排気ガス浄化用触媒を被毒失活させたり、大気を汚染するおそれがあることから、加鉛量を低下、あるいは無鉛化させる傾向にあり、日本では市販の並級(レギュラー)ガソリンはすでに無鉛化されている。[原 伸宜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

無鉛ガソリンの関連キーワードロイヤル・ダッチ・シェル・グループレギュラーガソリンテトラアルキル鉛加鉛ガソリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android