コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然る サル

デジタル大辞泉の解説

さる【然る】

[連体]《動詞「さ(然)り」の連体形から》
名称や内容を具体的に示さずに、人・場所・物事などを漠然とさしていう語。ある。「然る人の紹介」「然る子細があって」
(前の事柄を受けて)そのような。そういう。
「―女の今の世にあらじとや」〈宇津保・内侍督〉
しかるべき。相応の。りっぱな。
「別当入道―人にて」〈徒然・二三一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さる【然る】

( 連体 )
〔動詞「然り」の連体形から〕
場所・人を漠然とさし示し、また物事を漠然と表現する時に用いる。
ある。とある。 「 -方面よりの要請」 「 -人の御落胤」 「 -所に」
相当な。しかるべき。 「別当入道-人にて/徒然 231
そのような。そんな。 「 -さがなきえびす心を見ては、いかがはせむは/伊勢 15」 → さるもの(連語)さるかた(連語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然るの関連キーワードクラーク ウィスラー真事問ふ・真言問ふ建武式目条々壺屋・壷屋鎌倉大番役然る可きけつらう然るから北条政子然る可く方以智歯磨売相応う然る方然るに好天気井田法然る者其の許然る事

然るの関連情報