然る(読み)サル

デジタル大辞泉の解説

さる【然る】

[連体]《動詞「さ(然)り」の連体形から》
名称や内容を具体的に示さずに、人・場所・物事などを漠然とさしていう語。ある。「然る人の紹介」「然る子細があって」
(前の事柄を受けて)そのような。そういう。
「―女の今の世にあらじとや」〈宇津保・内侍督〉
しかるべき。相応の。りっぱな。
「別当入道―人にて」〈徒然・二三一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さる【然る】

( 連体 )
〔動詞「然り」の連体形から〕
場所・人を漠然とさし示し、また物事を漠然と表現する時に用いる。
ある。とある。 「 -方面よりの要請」 「 -人の御落胤」 「 -所に」
相当な。しかるべき。 「別当入道-人にて/徒然 231
そのような。そんな。 「 -さがなきえびす心を見ては、いかがはせむは/伊勢 15」 → さるもの(連語)さるかた(連語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

然るの関連情報