コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然り サリ

デジタル大辞泉の解説

さ・り【然り】

[動ラ変]《副詞「さ」に動詞「あり」の付いた「さあり」の音変化》そうである。そのとおりである。そのようである。
「おい、―・り、―・りとうなづきて」〈玉鬘

しか・り【然り/×爾り】

[動ラ変]《副詞「しか」にラ変動詞「あり」の付いた「しかあり」の音変化》そのようである。そのとおりである。そうである。「―・り、君の言うとおり」
「俗語などは、はかなきもののようなれども、なかなかに―・らず」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さり【然り】

( 動ラ変 )
〔動詞「あり」に副詞「さ」が付いた「さあり」の転〕
そのとおりである。そうである。 「『おい、-・り。おい、-・り』と、うなづきて/源氏 玉鬘」 「いき通ふ所出できにけり、-・りけれどこの元の女、悪しと思へるけしきもなくて出しやりければ/伊勢 23」 〔似た意味の語として「しかり」があるが、「しかり」が主に漢文脈で用いられるのに対し、「さり」は和文脈で用いられる〕 → さらずさらんさりとてさりとはさりともさる(連体)

しかり【然り】

( 動ラ変 )
〔「しかあり」の転〕
そうである。そのようである。そのとおりである。 「人類の国家を造る、故なくして-・るにあらず/真善美日本人 雪嶺」 「人皆か我のみや-・る/万葉集 892」 〔現在、終止形を「そうだ」「そのとおり」の意で、感動詞的に使うことがある。「『我我は立ち上がらねばならぬ』『-・り』」〕
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然りの関連キーワードしかつべらしいサンドバーグホックニースコラ哲学凜乎・凛乎悚然・竦然然り而して然りとて然りとは然り乍ら然れば終止形スンマ然れど然らず然らで然らぬ而して然らむ然るを

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

然りの関連情報