子細(読み)シサイ

デジタル大辞泉 「子細」の意味・読み・例文・類語

し‐さい【子細/×仔細】

[名・形動]
事細かであること。また、そのさま。詳細。「―な検討」「―に述べる」
詳しい事情。一部始終。「事の―を記録に残す」
特別の理由。こみいったわけ。「―があって話はできない」「―ありげな面持ち」
差し支えとなる事柄異議。「行くことに―はあるまい」
[類語](1委細委曲詳しい細かい詳細詳密精細明細克明つまびらか事細かつぶさ逐一細大漏らさず/(2経緯過程いきさつ顛末一部始終プロセス始末次第曲折/(3理由事由所由しょゆう根拠わけゆえ意味原因よしいわ所以ゆえん故由ゆえよし事訳ことわけわけ合い訳柄わけがら事情諸事情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「子細」の意味・読み・例文・類語

し‐さい【子細・仔細】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( 形動 ) こまかなこと。くわしいこと。また、そのさま。
    1. [初出の実例]「雲上故実以故相公之御説聞。温樹不言難子細」(出典明衡往来(11C中か)下本)
    2. 「毎船此等の事を仔細に記したる簿冊」(出典:西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後)
    3. [その他の文献]〔魏書‐源思礼伝〕
  3. くわしい事情。事のいわれ。理由。
    1. [初出の実例]「前(さき)の度子細は承り候ひにき」(出典:今昔物語集(1120頃か)一九)
  4. ( 形動 ) あれこれと異議を言いたてるほどのさしつかえとなる事柄。面倒なこと。また、そのさま。異論。異議。
    1. [初出の実例]「既に詔命を下さる。子細を申すにところなし」(出典:平家物語(13C前)一)
    2. 「けっきさかんの若法師、耳にも更に聞いれず、しさいな者には舞見せな」(出典:浄瑠璃・定家(1708)五)
  5. ( 形動 ) 表面に出していうことができない事情。ある事情。なにかのわけ。また、そのような事情のありそうなさま。もったいぶったさま。
    1. [初出の実例]「近日人々あひたくまるる子細ある歟(か)の間」(出典:平家物語(13C前)一)
    2. 「殊の外しさいなる親父」(出典:咄本・新軽口恵方宝(1764‐72頃))
  6. 人の感動するようなこと。
    1. [初出の実例]「人皆いひやみて後は太夫のこらず自由してひとしほ子細(シサイ)をやれば、外よりは過分の入銀」(出典:浮世草子・好色盛衰記(1688)三)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「子細」の読み・字形・画数・意味

【子細】しさい

詳細。

字通「子」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android