焼嗅(読み)やいかがし

大辞林 第三版の解説

やいかがし【焼嗅】

節分の夜、鰯いわしの頭など臭いにおいのするものを焼いて戸口に刺し、疫神を追い払う風習。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やい‐かがし【焼嗅】

〘名〙
② =やきぐし(焼串)②〔俳諧随斎諧話(1819)〕

やき‐かがし【焼嗅】

やっ‐かがし【焼嗅】

〘名〙 節分の夜に鰯(いわし)の頭など臭いものを焼き、戸口につけて魔よけにする習俗。やいかがし。やきかがし。
狂歌・大団(1703)六「鬼退治先そのせわをやっかがしさし図によりて福はいりまめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android