焼痕(読み)しょうこん

精選版 日本国語大辞典「焼痕」の解説

しょう‐こん セウ‥【焼痕】

〘名〙 焼けたあと。焼けあと。野焼きなどのあと。
※太平記(14C後)三九「焼痕(セウコン)緑を回らして春容早く、松影紅を穿って日脚西なり」 〔蘇‐正月二十日往岐亭郡人送余於女王城東禅荘院

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「焼痕」の解説

【焼痕】しよう(せう)こん

野焼きのあと。軾〔正月二十日、岐亭に往く~〕詩 稍聞く決決として冰谷にるるを 漸く見る、として燒痕を沒するを

字通「焼」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android