焼痕(読み)しょうこん

精選版 日本国語大辞典「焼痕」の解説

しょう‐こん セウ‥【焼痕】

〘名〙 焼けたあと。焼けあと。野焼きなどのあと。
※太平記(14C後)三九「焼痕(セウコン)緑を回らして春容早く、松影紅を穿って日脚西なり」 〔蘇軾‐正月二十日往岐亭郡人送余於女王城東禅荘院詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android