春容(読み)しゅんよう

精選版 日本国語大辞典「春容」の解説

しゅん‐よう【春容】

〘名〙 の景色。春のながめ。春景春光。《・春》
※太平記(14C後)三九「住吉の遠里(うり)小野へ出させ給ひたれば、焼痕緑を回らして春容(しゅんヨウ)早く、松影を穿って日脚西なり」 〔張説‐侍宴滻水詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android