春容(読み)しゅんよう

精選版 日本国語大辞典「春容」の解説

しゅん‐よう【春容】

〘名〙 春の景色。春のながめ。春景。春光。《季・春》
※太平記(14C後)三九「住吉の遠里(うり)小野へ出させ給ひたれば、焼痕緑を回らして春容(しゅんヨウ)早く、松影を穿って日脚西なり」 〔張説‐侍宴滻水詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android