焼(き)目(読み)ヤキメ

精選版 日本国語大辞典の解説

やき‐め【焼目】

〘名〙 焼いてつけたあと。特に、肉や魚、野菜などの材料の表面につけた焼き色のこと。焼いた金串を料理に押しつけて模様を入れることもいう。
※料理通‐三編(1829)「四季吸物之部 木の葉百合 焼(ヤキ)め付け」

やけ‐め【焼目】

〘名〙 物の表面についた、焼けた跡。焼き目。
蒙求和歌(1204)一二「大山に桐の木をたきて飯をかしぐものあり。やけはためくこゑをききて、良木なりとさとりて琴につくるに、はなはだ美声あり。やけめをつくりのこせり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android