コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照峰広吉 てるみね ひろきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照峰広吉 てるみね-ひろきち

1876-1908 明治時代の船長。
明治9年生まれ。日露戦争では御用船羽後丸の船長をつとめる。のち神戸辰馬商会の第二辰丸船長。明治41年銃器,弾薬をつんで神戸を出航,マカオ沖で清(しん)(中国)の艦船に捕らえられ,兵器密輸として日清の外交問題となった。明治41年3月20日死去。33歳。兵庫県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照峰広吉の関連キーワードおもなお雇い外国人[各個指定]芸能部門国木田独歩国木田独歩リットンアトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone