コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照庵智鑑 しょうあん ちかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照庵智鑑 しょうあん-ちかん

?-? 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)祇陀寺の素渓大智(そけい-だいち),ついで越中(富山県)光禅寺の松岸旨淵(しょうがん-しえん)(?-1363)に師事し,その法をつぐ。のち,能登(のと)(石川県)永光(ようこう)寺,孝恩寺住持をへて,長松寺をひらいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照庵智鑑の関連キーワード南北朝時代曹洞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android