コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照庵智鑑 しょうあん ちかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照庵智鑑 しょうあん-ちかん

?-? 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)祇陀寺の素渓大智(そけい-だいち),ついで越中(富山県)光禅寺の松岸旨淵(しょうがん-しえん)(?-1363)に師事し,その法をつぐ。のち,能登(のと)(石川県)永光(ようこう)寺,孝恩寺住持をへて,長松寺をひらいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

照庵智鑑の関連キーワード南北朝時代曹洞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android