コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝恩寺 こうおんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝恩寺
こうおんじ

大阪府貝塚市にある浄土宗の寺。本堂の観音堂は通称,「木積の釘無堂」と呼ばれる。大伽藍であったが天正 13 (1585) 年戦火で焼失し,観音堂のみ残る。行基の創立というが明らかでない。観音堂は禅宗様を取入れた折衷様で,鎌倉時代末期建造の国宝。大正初年に近くの孝恩寺と併合。当寺内には平安時代前期から中期にかけての仏像が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孝恩寺
こうおんじ

大阪府貝塚市木積(こづみ)にある浄土宗の寺。慈眼山(じげんざん)大悲院と号し、木積観音堂(こづみかんのんどう)とよばれる。寺伝によれば726年(神亀3)聖武(しょうむ)天皇の勅により行基(ぎょうき)の創建したものという。その後の沿革は不詳。方五間寄棟造(よせむねづくり)、本瓦葺(ほんかわらぶ)きの観音堂(国宝)は豊臣(とよとみ)秀吉の根来(ねごろ)攻めで唯一焼け残った堂であるが、鎌倉時代末期のものと推定される。和様を基調として禅宗様の混入がみられ、釘(くぎ)が用いられていないので俗に釘無堂とよばれる。板絵着色の天部像のほか、本尊の阿弥陀如来(あみだにょらい)像をはじめ、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)立像、釈迦(しゃか)如来坐像(ざぞう)など全部で18点19体の彫刻が国の重要文化財に指定されている。これらはすべて平安前期から中期にかけて製作されたものとみられる。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

孝恩寺の関連キーワード大阪府貝塚市貝塚(市)木積観音堂照庵智鑑弁才天

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android