コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈南蘋 ちん なんぴん

美術人名辞典の解説

沈南蘋

清の画家。康熙22年(1683)浙江徳清生。名は銓、字は衡之、南蘋は号。享保16年(1731)来朝、長崎に二年間在住の間、日本の花鳥画に大きな影響を与えた。乾隆25年(1760)存、歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐なんぴん【沈南蘋】

中国、清代の画家。呉興(浙江(せっこう)省)の人。名は詮。字(あざな)は衡之。写生画風による色彩豊かな花鳥画を描いた。享保16年(1731)長崎に来航、2年間滞在し、日本の花鳥画に影響を与えた。ちんなんぴん。生没年未詳。→南蘋派

ちん‐なんぴん【沈南蘋】

しんなんぴん(沈南蘋)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

沈南蘋【ちんなんぴん】

沈銓(しんせん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沈南蘋 ちん-なんぴん

しん-なんぴん

沈南蘋 しん-なんぴん

1682-? 清(しん)(中国)の画家。
康煕(こうき)21年生まれ。享保(きょうほう)16年(1731)長崎に来着。写生的な花鳥画を熊代熊斐(くましろ-ゆうひ)につたえ,18年帰国。のち熊斐を中心に南蘋派が形成され,江戸時代の写生画に新風をふきこんだ。浙江省(せっこうしょう)出身。名は銓(せん)。字(あざな)は衡斎(こうさい),衡之。作品に「雪中群兎図」「獅子戯児図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沈南蘋

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:康煕21(1682)
江戸中期に来日した清の画家。名は銓。字は衡斎。南蘋と号した。浙江省呉興の人。学者沈徳潜の一族で,商盤,袁枚などの文人とも交友した。享保16(1731)年12月3日,長崎に渡来したのは,江戸幕府の要請と伝える。しかし幕府は長崎奉行に中国の名画やその模写の請来を求めていたのに,唐船主側の判断で南蘋の来航となったようで,幕府の思惑とずれていた。そのため南蘋は,約2年間の滞日中1度も江戸に招かれず,長崎にとどまって,18年9月18日帰国。その間,南蘋から直接画技を教授された日本人は,唐館に出入りできた訳官の熊斐など,ごく少数であった。南蘋画は,精密な写生風描写と濃彩を特色とする重厚な画風の花鳥画で,写実的な描写を西洋画の影響とみる説もあるが,現実にはむしろ中国の保守的・復古的な様式といえる。しかし,当時の日本の絵画界は狩野派の不振によって停滞していたので,南蘋画は中国渡来の新様式として歓迎された。その画風は,熊斐から熊斐の弟子の鶴亭や宋紫石に伝えられ,やがて全国的に流行した。南蘋の帰国後,その人気はますます高くなったが,南蘋は二度と来日せず,代わりに弟子の高乾,高鈞,鄭培らが来日。南蘋自身は中国から画を送り続けた。現存する南蘋画の多くは帰国後の制作である。代表作に「雪梅群兎図」(橋本コレクション蔵),「秋渓群馬図」(大和文華館蔵)。

(武田光一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんなんぴん【沈南蘋】

中国、清代の画家。名は詮。字あざなは衡之。彩色花鳥画を得意とし、1731年から約二年間長崎に滞在、写生的花鳥画の技法を伝えた。生没年未詳。ちんなんぴん。 → 南蘋派

ちんなんぴん【沈南蘋】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈南蘋
しんなんぴん
Shen Nan-pin

中国,清の画家。浙江省呉興の人。沈銓とも呼ばれる。名は銓,字は衡斉,号は南蘋。緻密な描写による彩色鮮かな写実的花鳥画を描いた。享保 16 (1731) 年 12月3日から同 18年9月 18日まで長崎に滞在し,熊斐 (ゆうひ) に画法を伝えた。熊斐の門下は長崎派のうち南蘋派を形成。その清新な写生画は江戸時代後期画壇に新風を吹込み,南画,写生画をはじめ多くの流派に著しい影響を及ぼした。主要作品『鹿鶴図屏風』『水辺猫図』,『花鳥図』 (東京国立博物館) ,『餐香宿艶図』 (宮内庁三の丸尚蔵館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈南蘋
しんなんぴん
(1682―?)

「ちんなんぴん」ともいう。中国、清(しん)代中期の画家。江戸時代、長崎に来航し、いわゆる長崎派花鳥画の源となり、わが国の花鳥画に大きな影響を残した。名は詮(せん)、字(あざな)は衡之(こうし)、南蘋は号。浙江(せっこう)省呉興県の出身。浙江の花鳥・動物専門の職業画家で、1731年(享保16)12月から33年9月まで長崎に滞在し、その作品を残したため、南蘋画はわが国に多い。またその間、地元の熊斐(ゆうひ)をはじめ日本の画家を指導した。画風は明(みん)代の花鳥画の系統を引き、西洋画の写実的技法が加わったものである。中国では文人画家偏重から顧みられなかったが、その技量には優れたものがあり、日本では熊斐門下の鶴亭(かくてい)によって京坂に、同門宋紫石(そうしせき)によって江戸に彼の花鳥画風が伝えられ、その写実表現が日本の絵画界全体に及ぼした影響は少なくない。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沈南蘋の言及

【沈銓】より

…字は南蘋,あるいは衡之ともいう。衡斎と号したが,日本では沈南蘋しんなんぴん∥ちんなんぴんの名で広く親しまれている。浙江省の湖州の出身,あるいは徳清の人とも伝えられる。…

【長崎派】より

…江戸時代の長崎における諸画派の総称。長崎は鎖国体制下における唯一の通商貿易港であったから,絵画などでも中国やオランダから新様式が流入した。この特殊な港町にさまざまな画派が興ったのであり,そこに様式上の共通性が見られるわけではない。それらはほぼ次のような流派に大別される。(1)黄檗(おうばく)派は,黄檗宗の中国僧によって伝えられた写実的な高僧肖像画を学び,喜多元規らの肖像画家を生んだ(黄檗美術)。(2)漢画派は,1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし,河村若芝(1629か38‐1707),渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き,秀石は唐絵目利職につくなど,長崎派の主流となった。…

【沈銓】より

…字は南蘋,あるいは衡之ともいう。衡斎と号したが,日本では沈南蘋しんなんぴん∥ちんなんぴんの名で広く親しまれている。浙江省の湖州の出身,あるいは徳清の人とも伝えられる。…

※「沈南蘋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈南蘋の関連キーワードペドロ2世[ポルトガル王]伊藤仁斎オイゲンオイゲン[サボイ公]算額隠し衣装コルベール伊藤梅宇ウォルトン雑兵物語

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沈南蘋の関連情報