コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊斐 ゆうひ

4件 の用語解説(熊斐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊斐
ゆうひ

[生]元禄6(1693).長崎
[没]安永1(1772).12.28. 長崎
江戸時代中期の長崎派の画家。姓は初め神代のち熊代。名は斐,字は淇瞻 (きせん) 。通称は彦之進のち甚左衛門。号は繍江。熊斐は漢名。唐通詞の家に生れる。絵は初め渡辺秀石に学び,次いで来朝した沈南蘋 (しんなんぴん) に師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうひ【熊斐】

[1693~1772]江戸中期の画家。長崎の人。本姓は神代(くましろ)、のち熊代。別号、繍江。唐通詞の家に生まれ、画を清人沈南蘋(しんなんぴん)に学んで南蘋風花鳥画の先駆となる。代表作に「三千歳図」「浪に鵜図」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ゆうひ【熊斐】

1693~1772) 江戸中期の画家。本姓、熊代くましろ。清国人沈南蘋しんなんぴんに師事、南蘋風花鳥画流行の先駆となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊斐の関連キーワード阿野季信堀江頼直エヌ没・歿勃・歿・没小原巴山塩川伊右衛門大黒常是(6代)伊達宗保文喜女王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone