熊斐(読み)ゆうひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊斐
ゆうひ

[生]元禄6(1693).長崎
[没]安永1(1772).12.28. 長崎
江戸時代中期の長崎派の画家。姓は初め神代のち熊代。名は斐,字は淇瞻 (きせん) 。通称は彦之進のち甚左衛門。号は繍江。熊斐は漢名。唐通詞の家に生れる。絵は初め渡辺秀石に学び,次いで来朝した沈南蘋 (しんなんぴん) に師事。作品は濃彩華麗で細密な写生画に傑作が多く,また豪放な墨画にもすぐれる。真村蘆江宋紫石鶴亭など門人が多く,南蘋画風の先駆者として知られる。主要作品『月梅八哥図』,『鴉図』 (東京国立博物館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうひ【熊斐】

1693~1772) 江戸中期の画家。本姓、熊代くましろ。清国人沈南蘋しんなんぴんに師事、南蘋風花鳥画流行の先駆となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android